カラダの不均等の平衡性を保つために歪んでいく顎

カラダはいつもバランスを保つために相互的に反応しています。

長年の偏り疲労の蓄積に伴なった歪み、カラダのいたるところにみられます。

結果として、顎関節にも影響をきたし、お顔が歪んでしまうという状況のF様。

四十肩の併発もあり機能的・審美的にもお悩みがありました。

解決方法

F様は、全身的な歪みからのアプローチです。足底の状態からのチェックとなります。全身の立位バランスの不均衡を整えてからの額関節の調整となりますので長期的なケアが必要となります。現時点では四十肩の痛みは軽減。春に向けて1回ペースでメンテナンスを継続されています。

施術後

全身の血行促進により老廃物の排泄力もあがりますので、お肌に張りがでてきます。また、四十肩の痛みも軽減されました。顎の動きは以前よりスムーズとなりました。顎の歪みは左右差の筋緊張が軽減するにつれ取れやすくなります。今後、歯科での噛み合わせなどの調整も必要。セルフケアでは、カラダの歪みを整えるヨガや、体幹を鍛えるピラティスなどの運動療法もおすすめいたします。

詳しくは→小顔矯正手技療法