カラダのコリが顔に影響する

左右どちらかのコリがひどくなってくると、そちら側の首の筋肉が固くなり、縮んできます。

その状態が継続的に続くを、顔が左側に引っ張られてきます。特に冷え性の傾向にある方は要注意。

審美的な問題だけでなく、健康被害が発生しやすいのが40代です。

解決方法

ホルミシスマットと温熱療法でゆっくりカラダを温めます。

Y様は本日腰痛の訴えもあおりです。

下肢と腰部を徹底的にリリース。

腰部には鎮痛作用の高いアロマを使用します。脊柱と椎間板に緩やかに刺激を入れ細胞が活性化しやすい状態に整えます。既往によって痛みの軽減には個人差があります。

血流が促進された状態を適度に作り頸椎の操作。

その後歪んでいる下額骨の調整をいたします。

施術後

「顎の位置は変わらないと思っていました!」

お顔の浮腫み・血色もよくなり小顔に、首の違和感もとれ、左右しっかり回旋できました。

Y様、輪郭フォームの状態はカラダの影響を受けるということを実感されていました。

腰痛のフォーローアップも兼ねて、今後2週に1回の施術で、さらに歪みをリセットの予定。

脊柱と椎間板に刺激を入れる簡単なセルフケアをご指導しました。また噛み癖の調整も大切です。

1ミリの歪みやズレは、放っておくと大きくなりますのでご注意くださいね。

小顔矯正手技療法

小顔冷え取りコース