頭蓋骨も呼吸している

ちょっと前に、一度矯正したらもとに戻らない小顔矯正の広告をみて、そんなのありえない!と思ったことがありました。

それは骨はいつも動いているからです。呼吸によって縫合部は緩んだり、縮んだりするのです。

自律神経とも連動します。興奮状態になれば縮んできます。リラックスすれば緩んできます。

カラダは、爪の先から頭まで全部つながっていますからね!

だから、頭蓋骨も状況によって開いたり閉じたりできる緩みをもたせてあげなければなりません。

1番お疲れ側頭骨

左右の側頭骨。痛みと感じる方が多いですね。肩こりのある方は余計お痛みあるようです。

側頭骨を優しく緩ませていくと…。

即!リフトアップ!!なのです。

気持ちよく、首のあたりもストレッチしますと、さらに上がっていきます。

お疲れがあると、呼吸が浅くなりますよね…。

頭蓋骨がキーキー泣いてしまいます。

スマホ疲れの後頭骨

現代人の方は、眼精疲労とスマホネックでガチガチになってしまいます。

首が前傾になっている時間があまりにも増えて、5キロもある頭の重さに耐えられないのに耐えているのです。

動けないってやっぱり泣いている。

この部分をしっかり緩めてあげないと巡らないいつも感じます。

足裏までつながる頭頂骨

上手くいった時に通った…。

そんな感じがするのが頭頂骨です。

カラダはもちろん血液・体液・リンパ液と様々なものが巡っているんですが、エネルギーもめぐっています。

経絡からのエネルギーがスーッと通ると、クライアント様の表情も変わってきます。

不思議ですね♬

カラダ全体で呼吸しているイメージ

カラダ全体の毛穴から呼吸する。

骨の動くくらいのムーブを感じて。

テゴコロの美容整体はあるべきだったところにもっていく。

そんな整体です。