歯科矯正中の咬筋の緊張と張り出した頬

テゴコロには、肩こりやカラダの不調で来院され、立位バランスを整えると共に歯科矯正を同時にされています。肩こりなど全身の倦怠感は軽減されました。今後は歪まない状態での歯科矯正をしていただくことで、輪郭のバランス保持が重要となります。

解決方法

歯科矯正で口腔内にワイヤーという異物が入っていますので、無意識にカラダは緊張します。とくにN様の場合は、交感神経が優位にたちやすいので、筋緊張が強くなります。このような場合は、大脳辺縁系にダイレクトにアタックをいれる芳香療法が効果的です。テゴコロアロマブレンドをしっかりと頸部から頭部に使用。その上で、咬筋の緊張をリリースすることにより、施術が整いやすくなります。落ちやすい前頭骨と頬骨のバランスをみながらポンピングとコンポレッッシションを投じます。

施術後

体液還流の促進効果で、浮腫みは一機にひきます。頬骨の張り出しは左右差なく終了。ご本人が「全然違う」と。通常は慢性的な肩こり等がひどくそのメンテナンスで終わっていましたが、今年はプライベートも充実したいとのことで審美に大変ご興味がおありでした。2週に1回のペースで、3か月。セルフケアも含めてトライしてみてください。