ストレス年齢で深まる皺眉筋【すうびきん】

皺眉筋とは、眉毛と眉毛の間の

たてじわを作る筋肉です。

個人的には、この筋肉いらないのに…と感じますが

人間が快・不快を表現するのは必要な筋肉ではありますね。

眉間の縦じわ

なるべく薄くできればそれに越したことはありません。

皺眉筋は、眼輪筋及び鼻隆起より始まり、前頭筋にまじりあい、

眉毛付近の皮膚についています。

光がまぶしかったり、カラダやココロが不快な時

こんな小さな筋肉を使って表現しているのです。

疑いを持つ時も、この筋肉を使っています。

探偵や刑事ドラマの俳優さんたちには、眉間に立派な皺が入っています(笑)

まずはこの縦じわを作っている筋肉を知ること

おいしいお料理を作ろうと思った時、

その材料やレシピを調べますよね。

小顔対策も同じです。

小顔ケアをしようと思った時には、小さな筋肉でも今後大敵化するであろう

筋肉を知っておくべきなのです。

皺眉筋の作り出す縦じわは、できてしまうと大変手ごわいもの。

できる前に手を打ちたい筋肉ですね!

眉間のしわは感情の記憶

とは言え、

長い人生を歩んできたシニアのお顔にはたくさんの皺ができます。

それは自然なものです。悪くありません。

人生そのものがお顔に刻まれる。

できれば、皺が増えても美しくヒトでありたいなと思いますね。

眉間の皺を愛してあげる

こんな皺ができてしまった!

やだ!と思うのでは皺が浮かばれません。

あの時こんな思いをしたからよね…

辛かったね~。

良く乗り切った~。

えらかった~。

ありがとう~。

と思いながら、眉間の皺をひし伸ばしてあげてください。

もう頑張らなくていいのよ。

とカラダに優しい声をかけてあげてくださいね。

必ず皺は薄くなり、肌の弾力もアップしてきます。

まずはその心がけが大切なのです。

醜い自分を遠ざける美容方法はもう古いのです。

想念は全てお顔にでるものです(^^♪